ペット・動物関連の仕事について

画像

近年、ペットブームと呼ばれていますが、犬や猫をはじめとして様々なペットが人間生活に豊かな色合いをもたらしてくれています。
そのため、ペット・動物関連の仕事に憧れる方も増えてきています。ペット関連の仕事に就くためには、多く場合、資格を取得して就職するというのが一般的です。ペット関連の資格を取得するには、スクールで展開されている、通信講座や通学講座などの授業を受ける必要があります。
実際には、資格を取得してからも就職して学ぶことが数多くあるのがペット関連の仕事の醍醐味であると言えます。生き物を扱う仕事となるため、学校やテキストで学んだ事以外にも様々な知識やスキルを要求されます。大変なことが多い仕事ではありますが、その分やりがいも非常にある仕事と言えます。

様々な種類の仕事がある

ペット・動物関連の仕事には、トリマーやブリーダー、動物看護士・動物介護士、ドッグトレーナーやペット販売士などがあります。
ペットに関わる仕事と言っても、それぞれ、業務内容は大きく異なります。トリマーであれば、ペットの毛のカットはもちろん、医療分野に近いスキルも要求されますし、ブリーダーであれば繁殖関連の知識やスキルが必要です。動物看護士・動物介護士であれば、病気になってしまっているペットの看病をするためのスキルが必要です。ドッグトレーナーであれば、犬のしつけに対する深い知識や大型犬を相手にしてもしつけが出来る高いスキルが要求されます。ペット販売士であれば、経営や経理に関する知識が必要とされるのです。

自分の適正を見極めて資格を取得!

ペット関連の仕事には様々な種類がありますが、それぞれ、仕事内容も異なりますし、必要なマインドや性格なども大きく異なります。そのため、自分の適性を見極めて仕事選びをすることが重要です。
トリマーであれば、繊細な手先の器用さが求められますし、ブリーダーでは、生命の営みに関わる仕事となるため、個人ブリーダーといえども非常に高い倫理観を要求されます。動物看護士や動物介護士であれば、人間を相手にするのと同様に動物の役に立つということに喜びを得られるタイプの人が向いているでしょう。また、ペットシッターであれば、飼い主の留守番を任せられるため、他人から信頼感を得やすいタイプの人が向いています。ドッグトレーナーであれば、忍耐力や強い精神力が要求されます。

TOPへ戻る