ペット資格の種類

画像

ペット資格には様々な種類があります。スクールで講座を学ぶことで資格を取得することが出来ます。
トリマーと聞くと、人間の世界でいう美容師さんのようなイメージを持っている方が多いと思いますが、トリマーはペットの毛のカットだけでなく、全身のシャンプーやブラッシングはもちろん、耳の手入れやノミやダニなどの寄生虫のチェック、皮膚の体入れといった医療分野に近い部分まで幅広くケアをする必要がある仕事となります。
また、ペットブリーダーはペットの交配はもちろん、出産や繁殖などのライフサイクル全体を管理する仕事です。現在のペット業界を根底から支えている大切な仕事の一つと言えます。扱う犬種に対する深い知識や遺伝子的な疾患を防ぐための交配相手の選定など、多様な知識を必要とされます。

動物看護師・介護士とペットシッター

動物看護士・動物介護士は大切なペットの健康状態を管理することが仕事となります。動物看護士は、動物病院で獣医師の治療や診察のサポートをしたり、入院してしまっているペットたちの看病や世話などをする仕事が中心となります。また、受付対応や、飼い主さんへの対応なども動物看護士の仕事となります。
ペットシッターとは、ペットのお世話をすることが仕事となります。多くのペットは、環境の変化などによって大きなストレスを抱え込んでしまい、体調を崩してしまうこともあります。そのため、ペットシッターは、飼い主さんの自宅を訪問し、普段と変わらない環境の中で、ペットが飼い主さんのお留守番をすることをサポートすることが仕事となるのです。

ドッグトレーナーとペット販売士

ドッグトレーナーは、犬のしつけや訓練を行う資格となります。
多くの飼い主にとって悩みのタネとなっているのがしつけの問題です。そのため、しつけの問題を解決するために、ペットショップやトリミングサロン、動物病院などでしつけの問題について相談を行ってくれたり、しつけ教室を開催しているところも増えてきており、ドッグトレーナーはそのようなところで活躍することを期待されています。
ペット販売士とは、一般社会法人日本ペット技能検定協会の資格であり、フードや生体、器具などを正しい飼育方法に基いて利用するためのアドバイスを行う仕事となります。ペット販売士は販売に関わる仕事となるため、経営や経理に関する知識も欠かすことは出来ません。

TOPへ戻る