ペット資格の取得方法

画像

ペットの資格を手に入れるためには、スクールで通信講座や通学講座のどちらかを取得することが基本となります。
ペット関連の資格の多くが民間資格となります。そのため、厳密に言えば資格を取得していなくてもスキルさえあればペット関連の仕事に就職することが出来ます。人間を対象とした看護士などは国家資格のために、資格を持っていないと仕事に就くことが出来ませんが、ペット関連の仕事では、スキルさえあれば資格は必ずしも必須ではないのです。
とは言え、最初に就職する際には、その人がしっかりとした知識やスキルを保持しているという証明をするためにペット関連の資格を取得していることは大きなアピールポイントとなるでしょう。

通信講座で資格を取得

ペット関連の資格を取得する際には、通信講座で学習を進めることが出来ます。通信講座ではスクールが展開するテキストを利用して学習を進めることになります。基本的には講師などはいないため、テキストの質によって学習の質に大きな影響を与えてしまうために、特に初心者の方にとっては、イラストや図が多いわかりやすいテキストを展開しているスクールを選ぶようにするとよいでしょう。
最近では紙媒体のテキスト以外にもDVDによる映像教材で学習を進めることが出来るスクールもあります。また、ウェブ上の学習コンテンツを充実させているスクールもあり、パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレット上で自分の好きなときに好きな場所で勉強を進めることが出来るのです。

通学講座で資格を取得

ペット関連の勉強をする際にも、基本は通学講座で授業をとるのが一般的です。通学講座では、テキストを利用して学習を進めます。20人前後のクラス担任制が多く、それ以外にもマンツーマンで講師と授業を進めていく形式のスクールもあります。
実際に分からないところはすぐに講師に質問できるため、通信講座よりも学習効率が良いのが特徴です。また、自分で理解が進まない部分は講師はもちろん周囲のクラスメートに質問することが出来るため、分からない部分があっても放っておかずにすぐに解決出来るのも大きなメリットでしょう。
通学講座では、座学以外にも実際の現場で活躍するためのノウハウを学ぶ実技研修なども行われており、しっかりとした実践力を養うことが出来ます。

TOPへ戻る