ブリーダーを目指すなら

画像

ペットブリーダーとは、ペットの交配から、出産、繁殖を促し、市場に流通させるための仕事です。ペットブリーダーは現在のペット業界を根底から支えている存在であると言えるでしょう。生き物の繁殖というとてもデリケートな部分を扱うため、高い倫理観が必要とされます。昨今、地方のペットブリーダーに手によって、劣悪な環境で飼育され、繁殖させられているペットが問題となっていますが、そのようなペットブリーダーを減らす意味でも、この仕事を目指す際には徹底した高い倫理観を身に付けることが大切です。
ペットブリーダーは赤ちゃんやお母さんの健康管理や維持などの知識も必要とされるため、幅広い知識を身につけておくことが必要とされます。通信講座や通学講座で資格取得が可能です。

個人のブリーダーが大活躍

扱う犬種の深い知識が必要とされるばかりでなく、遺伝子的な疾患が発生することを防ぐために、交配相手の選択に対する高い知識も必要とされます。
赤ちゃんの出産、母体と赤ちゃんの健全な育成、子犬の市場への流通を行うことは現状では大規模では不可能なために、必然的に個人のブリーダーが中心となっています。
ペット先進国と呼ばれているイギリスでは、ペットショップというものがなく、ブリーダーさんから直接子犬を譲ってもらうことが一般的です。そのため、イギリスのペットブリーダーは自分が愛情込めて繁殖させた大切な子犬を、一生懸命育ててくれそうな人にだけ譲るという文化があります。日本でも昔は近所で生まれた犬を個人的に譲ってもらうという方法が一般的でした。

受験資格や資格取得

最近では、インターネットの普及に伴い、ペットショップを介さずにペットを販売するという方法も主流となりつつあります。そのため、直販という形で独立開業しているブリーダーが生計を立てやすい環境が整い、資格取得後に独立する方が増えています。
個人で副業としてブリーダーをしている方もいれば、チャンピオン犬を育てて優秀な血統を守り続けるために仕事をしているトップブリーダーの方まで様々です。
受験資格は特になく、高校卒業以上か同程度の学力があれば問題ありません。また、資格の取得のためには、財団法人職業技能振興会が行っているブリーディング技能士や、各種団体のブリーディング講座などで取得が可能ですが、いずれも国家資格ではないことに注意が必要です。

TOPへ戻る