動物看護士・介護士を目指すなら

画像

動物看護士・介護士の仕事とは、ペットの健康を守ることです。ペットの健康とは、飼い主にとっても最も重要なことであり、それは、動物関連の仕事においても同等です。動物看護士とは、ペットや動物の健康を守り、ペットと人間が幸せに暮らすために役立つ仕事であると言えるでしょう。動物看護士・動物介護士は動物病院で獣医師の診察や治療をサポートすることもありますし、入院中のペットの世話や受付担当の仕事、飼い主への対応などの幅広い業務があります。
仕事を得るためには多くの方が動物看護士や動物介護士の資格を通信講座や通学講座を利用して取得しています。受験資格としては、高校卒業以上、あるいは同程度の学力があれば問題ありません。

幅広い職種からニーズの高い仕事

動物看護士や動物介護士の仕事はペットの健康を管理し、守るために動物病院だけにとどまる仕事ではありません。動物介護士のライセンスを取得することによって、ペット業界の様々な職種において幅広く歓迎されるのが間違いないのです。
動物介護士は、ペットに関連する医療知識を習得した存在として、動物の飼育や衛生管理をアドバイスしていくなど、幅広い社会貢献を求められる仕事なのです。動物介護士や動物看護士の活躍の場としては、動物病院やペットショップ、ブリーダー、動物園、その他あらゆるジャンルの動物関連の仕事に就くことが出来ます。
一度資格を取得してしまえば、様々な職種でニーズがあるため、他のペット関連の資格と比較しても汎用的な資格と言えるでしょう。

資格取得のために

人間を相手にする看護士の場合は、難しい国家資格を必要としますが、動物が相手となる動物看護士の場合には、民間資格となります。様々な団体が資格試験を行ったり認定校を定めてカリキュラムを設定しています。試験に合格した場合に独自の認定を行っているのです。

  • 1. 日本動物病院福祉協会認定(JAHA)の動物看護士
  • 2. 日本小動物獣医師会(JSAVA)認定の動物看護師
  • 3. 日本動物衛生看護士協会認定(JAHTA)アニマル・ヘルス・テクニシャン
  • 4. 一般社団法人日本ペット技能検定協会「動物看護士」
  • 5. 一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会JCSA 認定「動物看護士」

といった資格があります。また、動物の健康関係に関する知識はもちろん、動物を看護するための実技能力も必要となります。

TOPへ戻る