ペット販売士を目指すなら

画像

家庭でペットを飼育する人が増えるに従い、ペット販売に関わる職種の方も増えています。生き物を販売する以上、ペット販売士という仕事は様々な知識が必要となり、十分な学習や経験が必要となります。
ペット販売士は通信講座や通学講座などを受講することによって資格を手に入れることが出来ます。一般社会法人日本ペット技能検定協会が発行している資格で、生体や器具、フードなどを正しい飼育方法に基いて消費者にアドバイスする役割を担っています。販売に携わるために、経営や経理の知識も欠かすことが出来ません。そのため、知識の幅が非常に広いと言えるでしょう。希少動物の輸入規制についても熟知している必要があり、利用者から信頼されることが大切です。

受験資格を手に入れよう

受験資格には年齢制限などはありません。筆記試験だけとなります。協会指定のカリキュラムを修了することで受験資格を手に入れることが出来るため、認定校となっている専門学校や、通信講座、通学講座などを受講することが必要です。
ペット販売関わる民間資格はペット販売士以外にもあります。そのため、ペット販売士の資格がなかったとしても、ペット販売の仕事をすることは可能です。しかし、ペットを購入する際に、多くの消費者が信頼できる業者から健康なペットを買いたいと望むために、ペット販売をしている人間の資格の有無自体が判断基準の一つになることも少なくありません。また、近年ではインターネット上での販売も増えてきているため、対面以上に信頼関係が重要となりつつあります。

独立開業も目指せる資格

ペット販売士の資格を取得することで様々な就職先を手に入れることが出来ます。
就職先の候補としては、ペットショップや、動物病院、ペットホテル、ペットグッズ販売などの仕事も可能です。また、ペットショップなどで十分に経験を積んだあとは、飼育アドバイザーなどの仕事に携わることも可能です。
ペット販売士の資格を取得していれば、ペット販売関連のお店を開業するのに大きく役立ちます。正し、販売だけの知識ではペットの管理については不十分です。実際に、ペットの繁殖や飼育にも携わることが出来るブリーダーの仕事をして様々な管理方法を体得しておくこともオススメです。それによって、自然とペットの健康状態をどのように維持すれば良いのかという知識と経験を身に付けることが出来ます。

TOPへ戻る