ペットシッターを目指すなら

画像

環境が変わることによって簡単に大きなストレスを貯めこんでしまうペットのために、飼い主さんのご自宅を訪問し、普段と変わらない環境でお留守番しているペットの世話を行うのがペットシッターの仕事となります。出張や旅行、入院などで、長期間に渡ってペットの世話がどうしても出来ない、仕事がいそがしくてペットの世話がなかなか出来ないといった需要に答えて多くのペットシッターが活躍しています。
ペットの飼育数が20歳未満の人口を越えている現代社会において、ペットシッターのニーズがどんどん広がっているのです。留守番のカギをしっかりと預かり、大切なペットの健康状態も預かるという非常に重要な仕事となります。そのため、何よりも信頼が重要な要素となるのです。

ペットシッターは幅広い知識が必要

ペットシッターとは、ペットにとっては、散歩やごはん、一緒に遊んでくれる遊び相手という位置づけとなります。また、飼い主にとっては、安心して留守中のペットを預かってもらえる人となるため、かわいいペットと触れ合いながら飼い主さんにも喜んでもらえるという大変やりがいがある仕事となります。
動物のプロフェッショナルとして、飼い主さんからも、アドバイスを求められることが多く、ペットとの日常生活を豊かにするためのお手伝いをすることが求められます。
ペットシッターのスクールでは、基本的なビジネスマナーや経営学も学びます。また、動物学からしつけのやりかた、ペットの法律や医療まで、豊富な実習を交えて幅広く学び、スキルを身に付ける必要があります。

動物取扱業の登録申請が必要

ペットシッターとして開業するためには、法律で、動物取扱責任者としての「動物取扱業」の申請を行うことが義務付けられています。動物取扱責任者として要件を満たすためには、以下のいずれかの項目に該当することが必要です。

  • 1. 営業予定の動物取扱業の種別に関わる知識や技術についてを、1年以上教育する学校(もしくはその他の教育機関)を卒業していること。
  • 2. 営業予定の動物取扱業の種別(販売、保管、貸し出し、訓練、展示の5種)において、半年以上の実務経験を持っていること。
  • 3. 公平性や専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営業予定の動物取扱業の種別についての知識と技術を習得していることの証明を持っていること。

TOPへ戻る