ドッグトレーナーを目指すなら

画像

ドッグトレーナーとは、別名で「ペットトレーナー」とも呼ばれています。その名の通り、犬のしつけや訓練を行うことが出来る資格です。通信講座や通学講座で仕事の基礎を学びましょう。
飼い主にとって、ペットの健康と同時に、重要になるのがしつけの問題です。しつけに対する悩みを解消するために、トリミングサロンや動物病院、ペットショップなどでしつけについての相談を行ったり、しつけ教室を開いているところもかなり増えてきています。
犬のしつけの問題えは、飼い主自身の理解のたりなさからしつけに対する問題が引き起こされていることも少なくありません。実際に周囲の人間をかんでしまったり、他のペットを襲ってしまったり、鳴き声が近所迷惑になることによって裁判になるケースもあるため注意が必要です。

大型犬のトレーニングが重要

ドッグトレーナーは様々な業種で需要が高まっています。特に殺傷能力が高い大型犬を飼っている飼い主の方からも需要が高く、しっかりとしたトレーニングを求められることが少なくありません。
ペットブームと呼ばれていた時代から、ペットのしつけは大きな問題である一方、きっちりとしつけられたペットは大切な家族の一員として大切にされてきました。近年でもペットにまつわるトラブルの多くがしつけが不十分なために引き起こされているために、ドッグトレーナーのニーズが急激に高まり、活躍する場所も増えつつあります。また、自分のペットがいうことを聞かず、その問題を解決するために、ペットのオーナー自身が資格を取ってしつけを行う場合も多いようです。

資格取得のために

ドッグトレーナーの資格には国家資格は存在していません。そのため、すべて各団体の認定によって資格の取得が行われています。業界でも権威のある資格は以下の団体のものとなります。

  • (社)日本警察犬協会(NPD)
  • (社)ジャパンケネルクラブ(JKC)
  • (社)日本シェパード犬登録協会(JSV)

しかし、これらの団体で資格を取得するためには、何年もかかってしまったり、住み込みで見習いを行う必要があるなど、一般の人には取得が非常に難しいと言えます。そのため、多くの人は、ドッグトレーナー、家庭犬訓練士などの名称で犬を訓練するための資格を取得することが出来る講座で資格を手に入れています。受講内容は、各団体や認定校によって異なります。

TOPへ戻る