トリマーを目指すなら

画像

トリマーと聞くと、人間相手の仕事で言う美容師さんを想像する方が多いと思います。しかし、美容師さんが頭髪のカットやケアといったことに限定されているのに対して、トリマーという仕事はペットのカットだけではなく、全身のシャンプーやブラッシングも行うことも要求されます。爪や耳のお手入れ、皮膚、ノミやダニなどの寄生虫のチェックなども行うため、医療分野に近い仕事も多く、専門的な知識を幅広く求められる仕事です。
一昔まえまでは、ペットは一般的には外で飼われていたので、トリミングの仕事もあまりなかったのですが、最近では室内でペットを飼う家庭が増えたため、被毛のお手入れや、グルーミングなどの処理は大切なペットを美しく保つために必要なものとなりつつあります。通学講座などで資格取得が可能です。

トリマーの受験資格

最近では、トイプードルのように、定期的なトリミングが欠かせない犬種が人気となっているため、トリマーの資格や仕事の需要はますます高まっています。ショップではなく、フリーのトリマーとして、自宅開業を行っている人もいます。また、トリミングにかかる定期的な費用を抑えるために、飼い主自身がトリマーの資格を取って愛犬や愛猫にトリミング等のケアをしているケースもあります。
トリマーの受験資格としては、高校卒業以上、またはそれ同等の学力があれば問題ありません。しかし、トリミングするにはおとなしい品種や小型犬ばかりではありません。そのため、本格的にトリマーとして活躍するためには、体力や忍耐力なども必須の能力と言えるでしょう。

資格取得のために

トリマーの資格は全てが民間資格となっているため、国家資格としては認定されません。そのため、しっかりとした技術力さえあれば必ずしも資格が必要というわけではありません。しかし、トリマーとして就職や転職を考えている人はやはり資格を取得しておく必要があるでしょう。
トリマーの資格として最も有名なのがジャパンケネルクラブ(JKC)の公認トリマー資格です。就職する店舗によっては、JKC公認B級以上のライセンスの取得を義務付けているところもあります。しかし、B級以上の資格が取得出来る指定機関や研修機関の数が、都市部を中心として20数カ所しかないため、現実的に地方に住んでいる方が資格を取得するのが難しいという実状もあります。

TOPへ戻る